ブライダルフェアの基礎知識〜行くタイミングは?チェックするポイントは?〜

ブライダルフェアの基礎知識〜行くタイミングは?チェックするポイントは?〜

ブライダルフェアというものを知っていますか?
ブライダルフェアとは、結婚式に興味関心がある人達に向けて、結婚式場で行われるイベントの事です。
結婚式場の見学や、会場で本番と区別をつけるのが難しいほどの模擬挙式などが行われる事もあります。
また、ドレスの展示・試着や、お料理の試食会なども開かれる事があるので、まるで誰かの結婚式にゲストとして参加しているような感覚で、本番さながらの模擬ウエディングを楽しむことができる場合もあります。
今回は、そんなブライダルフェアに関する基礎知識について解説していきます。
ブライダルフェアへの参加を検討しているという方にとって、少しでも参考になれば幸いです。

 

ブライダルフェアに行くタイミングは?

まず、ブライダルフェアに足を運ぶタイミングですが、これは本当に人それぞれで、特に決まったタイミングなどはありません。
ベストなタイミングを一つ挙げるとすれば、プロポーズされて結婚する事になって、式の日程などを具体的に決める前辺りのタイミングでしょうか。
ともかく、ブライダルフェアにあらかじめ足を運んでおけば、結婚式の流れなどを理解して、ある程度スムーズに計画ができるようになるでしょう。

 

ブライダルフェアでチェックするポイントは?

ブライダルフェアには、デート感覚で気軽に参加する事もできますが、せっかく足を運ぶならば自分たちの式にも活かしたいですよね。
それでは、ブライダルフェアでは、どういったポイントをチェックすればいいでしょうか。

 

模擬挙式・披露宴の雰囲気

模擬挙式や模擬披露宴の雰囲気はとても大切です。
模擬とはいえ、実際の結婚式や披露宴とほとんど同じ順番などで、まるで本番のように進んでいきます。
ですので、式がどのような順序で進行していくのかなどをイメージする事ができます。
模擬結婚式・模擬披露宴はとても大切で、参加すれば、結婚式の当日と同じ様な雰囲気を味わうことが出来るので、自分たちの結婚式の参考になるはずです。

 

式場の装飾など

また、式場の装飾などのチェックも必要かもしれません。
ブライダルフェアでは、模擬挙式が開催される場合がありますが、しっかりと会場内を装飾して行われます。
そのため、ブライダルフェアである程度どのような装飾がされているのかを抑えることが出来れば、自分たちの結婚式にも活かすことが出来るでしょう。

 

ウエディングドレスの印象

ブライダルフェアでは、ウエディングドレスの展示が行われている場合もあります。
様々な形のウエディングドレスが展示されて、女性ならばとてもワクワクとするはずです。
しかし、リサーチすることも忘れてはいけません。
また、ウエディングドレスは展示だけでなく、試着することもできる場合もあります。
なので、一時的に花嫁気分を味わえてるタイミングがあるのです。
このタイミングで、実際にドレスを着てみて、自分に合ったウエディングドレスをある程度把握しておきましょう。
そうすれば、実際に式の準備に取り掛かかって、ウエディングドレス選びをする際に、苦労が減るかもしれません。

 

試食会で出るお料理のクオリティ

ブライダルフェアが開催される式場が、自分たちが狙っている式場だった場合には、お料理の試食がとても大切になります。
お料理は式場によって、天と地ほどクオリティーに差が出る可能性があるものです。
そして、結婚式において新郎新婦は、ゲストの方々をお招きする立場なので、お料理のクオリティは非常に大切なものです。

 

もしも、質の低い料理が出たならば、その式場は考え物です。
結婚式においてお料理は、お料理の評価が、結婚式の評価に大きく関わるのです。
つまり、料理が美味しくない式場で結婚式を挙げた場合、周りからのあまり良くない式だったと思われかねないのです。
そのため、狙っている式場だった場合には、お料理が美味しいのかそうでないのかを、しっかりと確認しておいた方が良いでしょう。

 

服装はそれなりに綺麗な服装で

ブライダルフェアは、本物の結婚式ではありませんが、その場に見合った服装をする必要があります。
ですので、結婚式場という場所と考えれば、ジーンズにパーカーやTシャツ姿などといったカジュアルすぎる格好は考え物です。
とはいえ、フォーマルというほどの服装をして行く必要もありません。
そのため、男性の場合はジャケット着用、女性の場合にはカジュアル過ぎないワンピースなど、カジュアル過ぎず、フォーマル過ぎずといった程度の格好で参加するのが望ましいでしょう。

 

見積もりについて

最後に、ブライダルフェアは全ての工程が終わったら、そのまま帰ることも可能ですが、見積もりを出してもらうことが出来ます。
式場の雰囲気や、料理のクオリティなどが気に入ったのなら、見積もりを出してもらってもいいでしょう。
すると、どのくらいの費用で、どのくらいの規模の式を挙げることが出来るのかという目安がある程度明確になって、ブライダルフェアの時間を有意義に使うことが出来るかもしれません。
ただしその見積もりが、何の費用がどの程度まで含まれた見積もりなのか、各種のランクはどういった前提での見積もりなのか、などには注意しておいた方がいいでしょう。

 

ブライダルフェアに行ってみましょう

このようにブライダルフェアは、模擬挙式やウエディングドレスの試着、お料理の試食など、結婚式に関する様々なものを体感することができるイベントです。
ブライダルフェアには、デート感覚で気軽に参加する事も出来ますので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

 

福岡のブライダルエステ人気のお試しランキングへ